【FFRK】☆6魔石イフリートを物理パで攻略!





☆6魔石ダンジョン、イフリートを物理パーティで倒したので、その詳細を記録していきます。今回は魔石リバイアサンなしでの攻略になります。

 

ボスの特徴や、パーティ編成で気をつけたことなどの攻略情報を紹介していきます。

 

攻略動画はこちら

【劫炎】イフリート(ボス情報)

 

【劫炎】イフリートの特徴

1、属性纏状態でないとダメージが通らない
2、こちらの属性纏状態を弱体化させてくる(纏を剥がしてくる)
3、火柱が4本出現。
4、火柱4本の状態でイフリートに一定のダメージを与えると戦闘強制終了
5、3段階の凶式を使ってくる。凶式のレベルが高いほど与えられるダメージが下がる。限界突破ダメージで解除可能
6、☆5魔石の限界突破ダメージは機能しない

 

属性耐性

炎(吸収)

水(微弱)

その他(無効)

状態異常攻撃

地獄の烈火でバーサクを付与(ペインレベルが一番高いキャラ)
→フェーズ2は状態異常バリアで防ぐ。フェーズ3は無視

フレイムバーストで継続ダメージを付与
→被ダメ後すぐにウララ超絶で回復

水属性を纏っているキャラに劫炎の咆哮で行動キャンセル
→1回目は状態異常バリアで防ぎ2回目は受ける

色んな方法でペインを付与
→下記に詳細

ペイン状態と火柱について

火柱の特徴

火柱は各フェーズ(全3フェーズ)ごとに4本出現し、各HPは約60000ほど。実際19999×3のダメージで破壊できずHPがほとんどなかったので最低60000はあると言える。

火柱が直接攻撃してくることはないが、こちらがダメージを与えた時と破壊した時にカウンターで反撃してくる。全体攻撃をしてしまうと攻撃した数だけカウンターが飛んでくるの注意が必要。

ペインフレア
(単体)
単体に特殊な攻撃で固定ダメージを与え、短時間ペインレベルを3段階付与する
ペインフレア
(全体)魔石で破壊した場合
全体に特殊な攻撃で固定ダメージを与え、短時間ペインレベルを2段階付与する
カウンターフレア 単体に特殊な攻撃で固定ダメージを与える

イフリートにある程度ダメージを与えると火柱がすべて消滅し【劫炎】地獄の火炎を使ってくる。火柱の残数に応じて効果が変動し少ないほど効果が弱まる

【劫炎】地獄の火炎(火柱0本) 全体にダメージ限界突破可能で分身無視&防御無視の特殊な炎属性遠距離物理攻撃でダメージを与える
【劫炎】地獄の火炎(火柱1本) 全体にダメージ限界突破可能で分身無視&防御無視の特殊な炎属性遠距離物理攻撃でダメージを与え、回復効果を減少させる
【劫炎】地獄の火炎(火柱2本) 全体にダメージ限界突破可能で分身無視&防御無視の特殊な炎属性遠距離物理攻撃でダメージを与え、回復効果を減少させる
【劫炎】地獄の火炎(火柱3本) 全体にダメージ限界突破可能で分身無視&防御無視の特殊な炎属性遠距離物理攻撃でダメージを与え、回復効果を減少させ、継続ダメージ状態にする
【劫炎】地獄の火炎(火柱4本) 強制全滅させる

【劫炎】地獄の火炎は各フェーズごとに1回、計3回使ってくる。一定のダメージを与えると攻撃と追撃の間でも割り込んで使ってくるのでおそらくフェーズ飛ばしはできない。

【劫炎】地獄の火炎を使ってくるタイミング

1、約15%ほどダメージを与えた時

 

 

 

 

 

2、約45%ほどダメージを与えた時

 

 

 

 

 

3、約70%ほどダメージを与えた時

 

 

 

 

 

 

ペイン状態の特徴

ペイン状態になると受けるダメージが上昇する。他の状態異常と違う点はペイン状態には段階があり段階が進むほど被ダメが上昇する。イフリートが使ってくる地獄の烈火はペイン状態が最も高いキャラにダメージ+バーサクをかけてくるので注意が必要

・ペイン状態1段階につき被ダメが10%上昇する。

・今回のイスリート戦でペイン状態付与してくる攻撃は全部で4種類。短時間付与するものとそうでないものがある

 

:ペイン状態短時間付与(4秒間)

【劫炎】メテオストライク 全体にペイン状態を3段階付与
ペインフレア(単体) 単体にペイン状態を3段階付与
ペインフレア(全体) 全体にペイン状態を2段階付与

:一定時間ペイン状態を付与(25秒)

【劫炎】ペインフレア  水属性を纏っていないキャラにペイン状態を3段階付与

 

イフリートの攻撃

属性攻撃が強力
アクセサリ、魔石、デバフで対応

真羅万象は全属性攻撃
→全属性耐性アクセサリがあれば優先して装備

煉獄で現在HP割合ダメージ
→実際の戦闘では受けていない

気焔万丈で水耐性・攻撃力・魔力UP
→スマッシュジルバで打ち消し

烽火連天で水耐性を強化し防御力・魔法防御力・精神をUP
→気にしない。時間経過で解除

【劫炎】地獄の火炎が非常に強力
→上記に詳細

 

フェーズごとの行動

フェーズ1
(※Tはターン)

1T、真羅万象
2T、フレイムバースト(継続ダメ)

3T、紅焔
4T、イグニートブレス
5T、なぎ払い
6T、紅焔
7T、噴焔弾(3連撃)
8T、【劫炎】ペインフレア(ペイン) (纏ってないキャラのみ)
9T、イグニートブレス
10T、紅焔
11T、フレイムバースト(継続ダメ)
12T、なぎ払い ←動画ではここでフェーズ移行
13T、真羅万象
14T、【劫炎】メテオストライク(ペイン)&纏剥がし
15T、なぎ払い

フェーズ2

1T、劫炎の咆哮(纏いキャラに行動キャンセル)&纏剥がし&火柱復活
2T、気焔万丈(水耐性UP&攻撃力魔力UP)

3T、【劫炎】ペインフレア(ペイン)(纏ってないキャラのみ)
4T、地獄の烈火(バーサク)
5T、紅焔 ←動画ではここでフェーズ移行
6T、フレイムバースト(継続ダメ)
7T、【劫炎】ファイジャ
8T、真羅万象
9T、噴焔弾(3連撃)

フェーズ3

1T、劫炎の咆哮(纏いキャラに行動キャンセル) 火柱復活、烽火連天(水属性耐性UP、防御力、魔法防御力、精神UP)纏剥がし
2T、イグニートブレス
3T、【劫炎】ファイジャ
4T、フレイムバースト(継続ダメ)
5T、紅焔
6T、イグニートブレス
7T、真羅万象
8T、地獄の烈火(バーサク) ←ここで撃破

 

以上を踏まえてパーティ編成をみていきましょう。








 

パーティ紹介

 

パーティは以上の5人。アビリティは最低限の数を表記してある

 

ティーダ

(装備)水属性強化×2 全属性耐性アクセサリー(中)

(アビリティ) サファイアブリット×10 トリニティブリット×10

(レジェンドマテリア) 水属性アビリティ二回発動 開幕纏い

(レコードマテリア)水属性のダメージUP

(必殺技)超絶1 ☆5閃技 オバフロ奥義 シンクロ奥義

(マギア)攻撃力100 水属性強化100

 

デシ

(装備)全属性耐性アクセサリー(中)

(アビリティ) いかり×10 たくす×3

(レジェンドマテリア) 開幕2ターン待機時間なし バフ延長

(レコードマテリア)開幕ゲージ

(必殺技)神壁 裁定者 守護者 覚醒

(マギア)HP100 防御力100 魔法防御力100

 

バッツ

(装備)水属性強化×2 全属性耐性アクセサリー(中)

(アビリティ) 二刀魔法剣・雷雨×10 エンドアスピル×3

(レジェンドマテリア) 魔法剣アビ+1回発動 魔法剣アビ+2回発動

(レコードマテリア)魔法剣アビダメージUP

(必殺技)超絶1 水纏いバースト 覚醒

(マギア)攻撃力100 HP100 水属性強化100

 

ウララ

(装備)全属性耐性アクセサリー(中)

(アビリティ) ケアルジャ×5 パッションサルサ×3

(レジェンドマテリア) 解放マテリアのみ

(レコードマテリア)開幕ゲージ

(必殺技)超絶1 バースト

(マギア)HP100 精神100 防御力100 魔法防御力100

 

リュック

(装備)水属性強化×2 全属性耐性アクセサリー(中)

(アビリティ) アクアロウアー×6 スマッシュジルバ×2

(レジェンドマテリア) 開幕3ターン待機時間短縮 バフ継続時間UP

(レコードマテリア)行動&被ダメ時ゲージが多くたまる

(必殺技)チェイン 纏バースト 弱体化超絶

(マギア)HP100 

 

フレンドはファブラプリースト

パーティのコンセプト

これ以外選択肢のない手持ち最強水物理パ。もし一回で纏える覚醒持ち(例えばユフィやワッカなど)がいればバッツよりそちらの方が動きやすいだろう。火柱を効率的に破壊するために、リュックにランダム対象ではない纏いバーストを持たせてある。

魔石

メイン魔石

タイタン待機時間なしで99999ダメージ
オールアップLv10 フィジカルアップLv8×2

 

 

サブ魔石

ラクシュミヒールアップLv15×2、フィジカルアップLv8

ファムフリートアンチマジックLv20×2、フィジカルアップLv8

マディーンパワーアップアップLv20×2、ライズパワーLv15

ジオスゲイノエンウォータLv15×3、アンチアタックLv8

 

メイン魔石は凶式解除用。サブ魔石は火力と体制をバランスよく組んだ。汎用回復ラクシュミでリジェネガの回復量を上げ安定させてある。

行動

※火柱は一撃で撃破できない場合があり二人以上の攻撃で破壊することがあるので表現の便宜上「火柱1」「火柱2」というふうに表現する。

フェーズ1

ティーダ

開幕からイフリートへトリニティブリッド→火柱1へサファイアブリット(破壊)→火柱2へサファイアブリット(破壊)→火柱3へサファイアブリット(トリニティブリッドでもよい)(2回発動した場合は破壊)→火柱4へ超絶(破壊)→リュックのチェイン発動後にシンクロ→シンクロ右アビ→シンクロ左アビ×2

デシ

開幕から神壁→いかり→ウララへたくす→いかり×3→裁定者→いかり×2→守護者で状態異常バリア

バッツ

開幕からエンドアスピル×3→火柱3へバースト(破壊)→イフリートへ魔石→魔法剣・雷雨×3

ウララ

開幕からパッションサルサ→超絶で回復→ケアルジャ(ティーダの行動より先に発動)→ケアルジャ(ティーダの行動をタップした後にケアルジャをタップすることでティーダが2回発動した場合のフォローができる)→ケアルジャをリュックへ→バーストで踏みとどまる→敵のフレイムバーストを受けてから超絶→バーアビ左

リュック

開幕から火柱1へアクアロウアー→イフリートへアクアロウアー→火柱2へアクアロウアー→イフリートへアクアロウアー×2→チェイン→弱体化超絶→アクアロウアー

フェーズ2

※火柱は一本残す

 

ティーダ

火柱へシンクロ右アビ(破壊)→シンクロ左アビ×2

デシ

いかり×2→守護者で状態異常バリア(フェーズを跨いでしまったが問題なし)

バッツ

火柱へバースト(破壊)→魔法剣・雷雨

ウララ

パッションサルサ→敵のペインフレアを受けた後超絶で回復→バーアビ右

リュック

火柱へバースト(破壊)→スマッシュジルバ

 

フェーズ3

※火柱は一本残す

 

ティーダ

閃技→火柱へ超絶→イフリートへトリニティブリット→イフリートへサファイアブリット×2→オバフロ奥義→超絶

デシ

いかり→覚醒→いかり→ウララへたくす×2

バッツ

火柱へバースト(破壊)→被ダメ後火柱へ覚醒→イフリートへ魔法剣・雷雨×4

ウララ

パッションサルサ→フレンド回復→バッツへケアルジャ→超絶

リュック

チェイン→スマッシュジルバ→超絶で弱体化→魔石→フレンド回復→アクアロウアー

注意点

初討伐動画なので何かと至らぬ点はあるのはしょうがないとして、一番気をつけた点はティーダの2回発動が火柱破壊に影響しない立ち回りだ(詳しくは行動を参照)。火柱とどう付き合っていくかで難易度は上がりも下りもするので対策必須。

ということで大きく気をつけた点をまとめていく

1、フェーズ1での火柱は全部破壊する。破壊するとカウンターを受けるのでHPコントロールが必要(詳しくはウララの行動を参照)

2、フェーズ2と3の火柱は一本残してかつ、スマッシュジルバとパッションサルサの二重デバフで踏みとどまるを発動させずに耐えていく。

3、フェーズ1の真羅万象はフェーズ飛ばししたい。受けてしまうとフェーズ2で火柱を破壊した際カウンターでやられてしまうので回復が必要になる。フェーズ1真羅万象の次の【劫炎】メテオストライクは受けると全体がペイン状態になりフェーズ2後々に色々と面倒なので間違いなくフェーズ飛ばししたい。

4、フェーズ2のフレイムバースト(継続ダメ)はフェーズ飛ばしを意識する。これを飛ばすことでウララのゲージをセーブできる(デシの守護者分のゲージ(下記参照)を回すことで対応できるかも?)

後、気になる点は行動キャンセルだがこれは纏キャラのみ対象だ。基本的にシンクロティーダでフェーズを跨いでいくので実質行動キャンセルの影響を受けるのはバッツ(フェーズ2で纏うリュックもだがアタッカーではない)だけなのでそんなに気にせずウララにゲージを託した方がいいかもしれない。ただ、フェーズ1は守護者を使うことでもし真羅万象を受けたとしても耐えることができるしフェーズ2のバーサクを防ぐことができるので使って方が安定するだろう。

※2019年8月11日追記

*イフリートを後3個回収する際に気づいた事だが、フェーズ1で真羅万象をフェーズ飛ばしする前提で考えるとウララのアクセサリーは炎属性耐性(大)の方が色々と事故を防いでくれるので安定する。例えばウララのバーストは紅焔前に発動しないと誰かが戦闘不能になってしまうが(ウララの白魔法2回発動で変動)炎属性耐性(大)で耐える場面が多々あった(ウララの次の行動は待機して超絶なので多少遅れても問題ない)。魔石イフリートはLv,50をファムフリートの代わりに装備して撃破できた。*

※デシの覚醒必須なのか?

結論から行って必須とは言えない。今回の攻略では、フェーズ3に入ってデシの覚醒を使用した。どうしてもデシの覚醒がないといけないと言えるのは以下の点が発生した場合だろう
1、いかりが精錬最大でも足りない場合
2、攻撃力バフやクリティカル時ダメージが与ダメに大きく影響した場合(例えばこれらのおかげで凶式解除でき効率的にダメージが与えられたとか、圧倒的にダメージが与えられたとかなど)

まずは1「いかりが精錬最大でも足りない場合」について見て見よう。戦闘中に使ったいかりの回数は10回だ。しかも10回目発動前にバーサクになり発動していない。よって10回あれば足りると言うことができる。

2「攻撃力バフやクリティカル時ダメージが与ダメに大きく影響した場合」まずは攻撃力UPバフについて見て見よう。そもそもリュックチェインで攻撃力大UP、魔石のパワーアップLv,20×2とオールアップLv,10それからバッツはバーストで全ステータスUPバフまでついているのでこの攻撃力アップ中UPが与ダメに多大な影響があったとは言いにくい。ティーダは纏い重式なのでそもそもダメージが通りやすい。

次に「3回物理補助を使うとクリティカル時ダメージUP」について見てみよう。フェーズ3でバッツが覚醒を使って魔法剣アビで一撃約12000ほど与え凶式をガンガン解除している。しかしここではクリティカル時ダメージUPの効果は発動していないので凶式解除とは特に関係ない。クリティカル時ダメージUPの効果に合わせてティーダのオバフロ奥義を使用した時の与ダメクリティカル時ではない時が約6000ほどだった。これがクリティカルヒットすれば約9000になるので一撃あたり多く見積もって1000の誤差があるとしても約20000ほどしか変わらない。

以上の理由によりデシ覚醒があれば使った方がいいとは思うが裁定者でも問題ないと思われる。




投稿日: カテゴリー FFRK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。