【FFRK】☆5魔石ケツァクウァトルを1分以内に倒す!





☆5魔石ダンジョン・ケツァクウァトルを1分以内に倒したので、その詳細を記録していきます。

 

 

ボスの特徴や、パーティ編成で気をつけたことなどの攻略情報を紹介していきます。

 

攻略動画はこちら

ケツァクウァトル(ボス情報)

 

 

 

 

簡単にケツァクウァトルの特徴と対策法をみていきましょう。

属性耐性

雷(吸収)

地(微弱)

その他(無効)

☆5魔石から、その他の属性が軽減から無効になりましたので、他の属性で弱体ゴリ押し攻略は難しそうです。
パーティは地属性で組む

凶暴化の効果

「狂式:雷」によって狂暴化すると、敵に与えられるダメージが大幅に下がるが、敵の与えてくるダメージも下がる ・「狂式:雷」は限界突破ダメージを与えると解除できる
→敵の与えてくるダメージ軽減はメリットだが、与えられるダメージも下がるためダメージ効率が悪くなる。物理ヘビィアビリティで解除する

状態異常攻撃

【狂】サンダジャで単体に100%麻痺付与の魔法攻撃
→パターンが決まっており、上から並び順でに3→1→5→1→1の順番で使用してくるので、エーコを上から2番目に置きウルトラキュアーで治療する

 

 

ケツァクウァトルの攻撃

始めに1ターン目に全体雷属性魔法防御無視の攻撃をし、2ターン目にエアロで全体魔法攻撃をする
→2ターン目のエアロはシェルガがないと耐えられないのでシェルガは必須

「狂式:雷」により凶暴化になり敵とこちらからのダメージが減少する
→限界突破ダメージを与えることで解除可能。今回は物理ヘヴュアビリティのストーンプレスで解除

 

 

以上を踏まえてパーティ編成をみていきましょう。








 

パーティ紹介

 

パーティは以上の5人。

イングズ

(装備)雷耐性アクセサリー(中)

(アビリティ)いかり(8~10回あればよい)

(レジェンドマテリア)開幕まとい(必須ではない)

(レコードマテリア)行動時にゲージが多くたまる

(必殺技)チェイン、バースト2

 

エーコ

(装備)雷耐性アクセサリー(中)

(アビリティ) ウルトラキュアー×10、シェルガ

(レジェンドマテリア)解放マテリアのみ

(レコードマテリア) 開幕ゲージ

(必殺技) バースト、超絶

 

ガイ

(装備)雷耐性アクセサリー(中)

(アビリティ) グランドチャージ×8、ストーンプレス×4

(レジェンドマテリア) なし

(レコードマテリア)行動時にゲージが多くたまる

(必殺技)バースト(地属性耐性を下げる)

 

バッツ

(装備)地強化×1、雷耐性アクセサリー(中)

(アビリティ)二刀魔法剣・爆砕×8、エンドアスピル×2

(レジェンドマテリア)魔法剣アビ1回追加発動、魔法剣アビ2回追加発動

(レコードマテリア)地属性ダメージアップ(大)

(必殺技)超絶1、オバフロ、バースト(地まとい)

 

ウララ

(装備)雷耐性アクセサリー(大)

(アビリティ) ケアルジャ×8、ヘイスガ×4

(レジェンドマテリア) ガチャマテ(詩人アビ使用時に確率で全体回復、なお必須ではない)

(レコードマテリア)開幕ゲージ

(必殺技)超絶

パーティのコンセプト

弱体化、チェイン、クリティカル率を上げることで火力UPに特化させた構成。バフはいないが、バッツはバーアビで攻撃力を上げることできる。イングズの反射バリアとバッツの魔法剣連打、追撃でダメージを稼ぐ構成。

魔石

メイン魔石

シェルタドラゴン地属性耐性を弱体化
エンストーン×18

 

 

 

サブ魔石

カタストロフューエンストーン×10
パワーアップ×15

土のガーディアンバサンダ×10

ヒュドラバサンダ×12

ミドガルズオルムエンストーン×15

合計

エンストーン×43

バサンダ×22

パワーアップ×15

地属性攻撃力UPをメインに雷防御力UPを添えた構成

行動

前半30秒

 

イングズ

初動からいかり×2→チェイン→いかり→バースト2で反射バリアを貼る→いかり→チェイン→いかり

エーコ

開幕シェルガ→バースト→ウルトラキュアをガイへ→魔石→その後、バーアビで回復。状況に応じて左右のバーアビを使い分ける。白魔2枚構成+ウララのリジェネガで回復は間に合う場合が多いかつ、イングズのチェインで踏みとどまる状態になっているので超絶は使うタイミングに注意し、無駄なゲージ消費は避ける。

バッツ

開幕からフレンド→エンアス×2→地まといバースト→バーアビ右で攻撃力を上げる→バーアビ左で魔法剣ダメージUP→魔法剣・爆砕。動画では、凶暴化中に魔法剣・爆砕や超絶を使わないように工夫している。特に魔法剣・爆砕は☆6アビリティなので精錬が進んでいない場合はバーアビを使って節約し、ここぞというタイミングで使うようにしたい。

ガイ

開幕グランドチャージ×2→バースト→ストーンプレス(地属性弱体が−2になっている状態で使う)→グランドチャージ×2→バーストで地属性弱体化。ポイントはチャージ2重状態で待機し、敵が凶暴化した時にすぐ打てるようにしておく。

ウララ

開幕からヘイスガ→ケアルジャ→ケアルジャ(ガイへいかないようにターゲットを指定するなどの工夫をする)その後は基本的にケアルジャを使い、ゲージがたまったら超絶を使用。リジェネガとエーコの回復、イングズチェインの踏みとどまるがあるので、超絶を使うタイミングには注意し、ゲージの無駄使いを避ける。30秒付近にイングズが麻痺状態になるのでウルトラキュアで回復

 

後半30秒

イングズ

いかり→バーストで反射バリアの掛け直し→チェイン→その後は特にやることはないので、いかりでゲージを貯めて、バーストでチェインを稼いだり、魔石で弱体化する

 

エーコ

バーストでクリティカル率UPの掛け直し→その後は前半と同じで状況に応じて回復。後半は雷属性の弱体化が重なっているので一発で戦闘不能になることもあるので、ウララの必殺技ゲージが少ない時などは待機して敵の行動を待つなどのテクニックが必要。後半はウララが麻痺になるので、ウルトラキュアで回復させる。

バッツ

凶暴化ではない状態に超絶1→魔法剣・爆砕×2→バーストで地属性まとい直し→ここでも基本的な動きは前半と同じで凶暴化中での攻撃をなるべく避け、ダメージが通りやすい状況の時に纏い爆砕を連打していく)→47秒あたりの凶暴化にはオバフロを使い解除していく。その後魔法剣・爆砕を連打

ガイ

グランドチャージ×2(ガイの主な仕事は弱体化−3の維持と凶暴化の解除なので、チャージ×2状態を維持し、凶暴化したらストーンプレスを使用。その時以外はバーストを使用したり、凶暴化になりのを待ッたりする。バーストを使うときはウララの超絶の短縮が入っている時に使えるようにすると、とっさの凶暴化にもすぐ対応できるのでおすすめです)47秒あたりになる凶暴化には対応できないので、バッツのオバフロでカバーする。この後は特にやることがないのでバーストやアビリティでチェインを稼ぐ

ウララ

ヘイスガの掛け直し→その後は前半と基本的には同じ動きで状況に応じて超絶、ケアルジャを使い分ける。相手の行動を待つのも大事です。

 

注意点

ポイントは多々あるが、上でも述べたバッツのアビリティの節約ガイのチャージ状態の維持、それから回復である。特に回復は前半はウララ超絶を多様するが後半は被ダメがきつくなるので踏みとどまるが使えるエーコを多様することになる。全体攻撃を受けた時に踏みとどまるが発動したらエーコそうでなければウララを使うなどの工夫が必要です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。